コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島惟精 しま いせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島惟精 しま-いせい

1834-1886 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)5年4月1日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)府内藩士。広瀬淡窓(たんそう),塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,藩校遊焉館の教授となる。倒幕をはかり捕らえられたが,のち藩政顧問となり,藩論をまとめる。維新後,岩手県令,内務省土木局長などを歴任。明治19年5月11日死去。53歳。本姓は阿南。通称は唯蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島惟精の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android