コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島惟精 しま いせい

1件 の用語解説(島惟精の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島惟精 しま-いせい

1834-1886 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)5年4月1日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)府内藩士。広瀬淡窓(たんそう),塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,藩校遊焉館の教授となる。倒幕をはかり捕らえられたが,のち藩政顧問となり,藩論をまとめる。維新後,岩手県令,内務省土木局長などを歴任。明治19年5月11日死去。53歳。本姓は阿南。通称は唯蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島惟精の関連キーワードナンバースクール岩石区葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑ケズウィック自由の女神像アメリカ美術

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone