コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津実久 しまづ さねひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津実久 しまづ-さねひさ

?-? 戦国時代の武将。
薩州家島津氏5代。薩摩(さつま)出水(いずみ)地方を本拠とする。姉が宗家島津勝久の妻であることから,勝久の後継を要求。勝久の養子になった相州家の島津貴久,その父忠良と戦いをかさねる。天文(てんぶん)8年(1539)紫原(むらさきばる)の合戦に敗れ,出水にひきこもった。初名は久意。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津実久の関連キーワード島津忠兼(2)鹿児島(県)伊地知重貞島津忠良

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android