島田五空(読み)しまだ ごくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田五空 しまだ-ごくう

1875-1928 明治-昭和時代前期の俳人。
明治8年4月1日生まれ。秋田の佐々木北涯(ほくがい)にまなぶ。石井露月とともに俳誌「俳星」を刊行し,正岡子規日本派の作風を東北地方にひろめた。郷里秋田県能代(のしろ)で「能代新報」(のち「北羽新報」)を創刊した。昭和3年12月26日死去。54歳。本名は豊三郎。別号に香車,悟空,五工,山頭火など。句集に「裘(かわごろも)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android