コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木北涯 ささき ほくがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木北涯 ささき-ほくがい

1866-1918 明治-大正時代の俳人。
慶応2年10月1日生まれ。正岡子規俳論に影響をうけ,日本派俳句を郷里の秋田俳壇にひろめる。明治33年島田五空,石井露月らと「俳星」を創刊。作品は船山草花著「俳人北涯」におさめられている。県会議員をつとめた。大正7年5月15日死去。53歳。名は寛綱。通称は久之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木北涯の関連キーワード島田 五空大正時代

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android