コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田利正 しまだ としまさ

3件 の用語解説(島田利正の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

島田利正

江戸初期の旗本・町奉行。旗本島田重次の子。通称は兵四郎・長四郎・次兵衛・弾正忠、法名は幽也。徳川秀忠に仕え、小山・真田軍に従軍。のち使番となり、江戸町奉行に就任、市政の制度化に尽くす。武蔵国入間郡、比企郡などに、五千石を領した。従五位下弾正忠に叙任。寛永19年(1642)歿、67才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田利正 しまだ-としまさ

1576-1642 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)4年生まれ。幕臣。徳川秀忠につかえ,使番をへて,慶長18年(1613)江戸の町奉行となる。町奉行の職名は,米津田政(よねきつ-たまさ)と利正のときいらい定着したという。寛永19年9月15日死去。67歳。通称は兵(平)四郎,長四郎,次兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島田利正

没年:寛永19.9.15(1642.10.8)
生年:天正4(1576)
江戸前期の江戸町奉行。旗本島田重次の子。通称平四郎,長四郎,次兵衛。弾正忠。徳川秀忠に仕え,慶長5(1600)年関ケ原の戦に従軍。御使番を経て,18年米津田政と共に江戸の町奉行に任じられる。知行は5000石。江戸町奉行当時,判決例を編纂。才知に富んだ能吏として知られ,重要事項の審議には欠かせぬ存在であったというが,一方では利正の裁きは筋の通ったものながら,理非曲直を厳正に追及するあまり,くつろぎがないと評された。寛永12(1635)年剃髪して幽也と称す。<参考文献>室鳩巣『鳩巣小説』

(大森映子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島田利正の関連情報