コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山信吉 なかやま のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山信吉 なかやま-のぶよし

1576-1642 織豊-江戸時代前期の武将。
天正(てんしょう)4年生まれ。中山家範(いえのり)の次男。北条氏につかえた父が天正18年武蔵(むさし)八王子城で戦死し,兄照守(てるもり)とともにのがれて,のち徳川家康につかえる。慶長12年のちの常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)の守役となり,同藩の付家老をつとめた。寛永19年1月死去。67歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中山信吉の言及

【中山氏】より

…水戸藩の付家老。家譜によれば宣化天皇の裔,姓は丹治,子孫は武蔵に住し,のち中山氏を称したという。信吉のとき徳川家康に仕え,1607年(慶長12)家康の命で十一男の頼房の守役(もりやく)となり,14年頼房が水戸藩主となると,付家老となって水戸領内で1万5000石の知行地を与えられた。14代信徴(のぶあき)のとき維新政府のもとで,1868年(明治1)1月,他の三家付家老とともに藩屛に列せられ,2万5000石の松岡藩として独立した。…

※「中山信吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中山信吉の関連キーワード中山信正

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android