コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田翰 しまだ かん

1件 の用語解説(島田翰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田翰 しまだ-かん

1879-1915 明治-大正時代の書誌学者。
明治12年1月2日生まれ。島田篁村(こうそん)の3男。島田鈞一の弟。竹添進一郎の指導で,宮内省所蔵の宋(そう)・元(げん)(中国)の古版本や日本の古写本などを調査・研究し,明治36年「古文旧書考」をあらわす。金沢文庫所蔵の古写本「文選集註」を中国に売却して捕らえられ,大正4年7月28日自殺。36歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。字(あざな)は彦禎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島田翰の関連キーワード高校野球電球織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone