コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田翰 しまだ かん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田翰 しまだ-かん

1879-1915 明治-大正時代の書誌学者。
明治12年1月2日生まれ。島田篁村(こうそん)の3男。島田鈞一の弟。竹添進一郎の指導で,宮内省所蔵の宋(そう)・元(げん)(中国)の古版本や日本の古写本などを調査・研究し,明治36年「古文旧書考」をあらわす。金沢文庫所蔵の古写本「文選集註」を中国に売却して捕らえられ,大正4年7月28日自殺。36歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。字(あざな)は彦禎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島田翰の関連キーワード書誌学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android