コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田雪谷 しまだ せっこく

1件 の用語解説(島田雪谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田雪谷 しまだ-せっこく

1828-1884 江戸後期-明治時代の武士,画家。
文政11年生まれ。越前(えちぜん)福井藩士。岩尾雪峰(せっぽう)に北宗画を,礀西涯(はざま-せいがい)に文人画をまなぶ。藩主父子の松平慶永(よしなが),茂昭(もちあき)の命でしばしば制作にあたる。武技をこのみ,槍術(そうじゅつ)にひいでた。明治17年1月19日死去。57歳。名は広意。字(あざな)は樗園。通称は範左衛門,多司摩。別号に青涯。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島田雪谷の関連キーワードズールー王国ツンベリースティロライトアディノールワイマールシュレーゲル(兄弟)大浦慶佐々木弘綱豊沢団平(2代)ユンケル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone