コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐雛助(7代) あらし ひなすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐雛助(7代) あらし-ひなすけ

?-1872 幕末-明治時代の歌舞伎役者。
4代市川鰕十郎(えびじゅうろう)の門弟。嘉永(かえい)2年(1849)4代叶雛助を,安政5年7代嵐雛助を襲名。江戸,大坂,京都で活躍し,和事,老役(ふけやく)を得意とした。明治5年2月死去。初名は市川当太郎。前名は市川紅粉助。別名に市川叶升。俳名は可升。屋号は成田屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐雛助(7代)の関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android