コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨の大念仏 サガノダイネンブツ

デジタル大辞泉の解説

さが‐の‐だいねんぶつ【××峨の大念仏】

京都市嵯峨の清涼寺(釈迦(しゃか)堂)で、陰暦3月6日から15日までの10日間、人々が集まって念仏を唱えた行事。太鼓などを鳴らして「ははみた」と唱え、念仏後は仮面をかぶって町を歩く。弘安2年(1279)に円覚が始めたという。嵯峨念仏。大念仏。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さがのだいねんぶつ【嵯峨の大念仏】

京都嵯峨の清涼寺で四月中旬の数日行われた念仏会ねんぶつえ。円覚の創始で、1279年に始まったといわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嵯峨の大念仏の関連キーワード創始