コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶽釜徹 たけがま とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶽釜徹 たけがま-とおる

1938- 昭和後期-平成時代,ドミニカ移住問題運動家。
昭和13年3月11日生まれ。昭和31年家族とともに「カリブ楽園(外務省の宣伝文句)」ドミニカに移住。自身は自動車修理工場を経営し生活は安定していたが,過酷な生活におちいった移住者たちの日本政府に対する国家賠償請求訴訟をささえるため,原告団(177名)の事務局長をつとめる。ドミニカ移住問題の中心となり問題解決に私費を投じて奔走し,さらに給付の実行に向けて尽力したとして,平成20年吉川英治文化賞。鹿児島県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嶽釜徹の関連キーワード昭和

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android