コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶽釜徹 たけがま とおる

1件 の用語解説(嶽釜徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶽釜徹 たけがま-とおる

1938- 昭和後期-平成時代,ドミニカ移住問題運動家。
昭和13年3月11日生まれ。昭和31年家族とともに「カリブの楽園(外務省の宣伝文句)」ドミニカに移住。自身は自動車修理工場を経営し生活は安定していたが,過酷な生活におちいった移住者たちの日本政府に対する国家賠償請求訴訟をささえるため,原告団(177名)の事務局長をつとめる。ドミニカ移住問題の中心となり問題解決に私費を投じて奔走し,さらに給付の実行に向けて尽力したとして,平成20年吉川英治文化賞。鹿児島県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嶽釜徹の関連キーワードドミニコドミニオンドミニカドミニク荒木古童(4代)古賀憲司島田仁郎藤田小女姫湯川豊ドミニカ[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嶽釜徹の関連情報