川上貫一(読み)かわかみ かんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上貫一 かわかみ-かんいち

1888-1968 昭和時代の政治家。
明治21年1月28日生まれ。大阪府社会課主事となり,昭和2年小岩井浄(きよし)らの昭和文化学会に参加,8年治安維持法違反で検挙される。11年労働雑誌社関西支局長となり人民戦線運動を推進して再検挙され,入獄戦後,20年共産党に入党。24年衆議院議員(当選6回)。昭和43年9月12日死去。80歳。岡山県出身。岡山県立農学校卒。著作に「たたかいの足おと」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android