コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川久保玲 かわくぼれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川久保玲
かわくぼれい

[生]1942.10.11. 東京
服飾デザイナー。慶應義塾大学哲学科卒業。繊維メーカーに勤務した後,1969年コム・デ・ギャルソンのブランドで婦人服の製造販売を始める。 78年メンズウエアに進出。 81年春,山本耀司とともにパリのプレタポルテ・コレクションに初参加。黒一色で,布に穴があいていたり,ゆがんだり,ねじれたりでどこが袖か身ごろかわからないような前衛的なデザインを発表し,フランスのファッション界に衝撃を与えた。黒を基調とすることから「カラス族」といった流行語も生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川久保玲 かわくぼ-れい

1942- 昭和後期-平成時代の服飾デザイナー。
昭和17年10月11日生まれ。旭化成勤務,スタイリストをへて,昭和48年コム・デ・ギャルソンを設立。56年パリコレクションに初参加して山本耀司とともにその独創性をたかく評価され,世界のファッションのあたらしい潮流をつくった。海外の出店も数おおい。平成5年フランス芸術文化勲章シュバリエ。15年朝日賞。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川久保玲の関連キーワードストリートファッション長沢 節スピバク

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川久保玲の関連情報