コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川井久徳 かわい ひさのり

2件 の用語解説(川井久徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川井久徳 かわい-ひさのり

1766-1835 江戸時代中期-後期の和算家。
明和3年生まれ。幕府につかえ,納戸頭,作事奉行などを歴任。坂部広胖(こうはん)に関流を,のち和田寧に円理豁術をまなぶ。享和3年(1803)高次方程式の諸根をすべて算出する方法をしるした「開式新法」をあらわした。天保(てんぽう)6年3月7日死去。70歳。通称は久米之助,次郎兵衛。著作はほかに「新弧円解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川井久徳

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:明和3?(1766)
江戸後期の和算家。通称は久米之助,のち次郎兵衛。幕臣。越前守従五位下,藤原朝臣と称した。明和8(1771)年に江戸幕府勘定奉行となった祖父久敬が安永4(1775)年10月没。父久道は同年1月に没していたため,10歳で祖父の跡を嗣ぎ,530石を領す。経済の才にたけ,祖父と同じく,田安家の財政整理のため家老を勤めた。出生は逆算による。和算は,坂部広胖に従い,のち円理を和田寧に学ぶ。多数の著述の中で『開式新法』上下2巻は刊行年が文化2(1805)年と享和3(1803)年説がある。その中で数字方程式の解法を述べ,さらに詳密にした。通常いわれるホーナー(W.G.Horner)の方法よりも早い。経済に明るい大数学者であった。

(道脇義正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川井久徳の関連キーワード江沢講修狩野由信日下誠足立信行内田秀富志野知郷柴野美啓土屋温斎逸見満清山田正重

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone