坂部広胖(読み)さかべ・こうはん

朝日日本歴史人物事典「坂部広胖」の解説

坂部広胖

没年:文政7.8.24(1824.9.16)
生年:宝暦9(1759)
江戸後期和算家。通称勇左衛門,字は子顕,中岳または澗水,また晩成堂とも号した。初め戸田姓を名乗り,のち坂部,さらに戸田にかえった。和算を本多利明に学び,のち安島直円の門に入り,皆伝を受ける。関流五伝(関孝和弟子の5代目)。幕府の火消与力であったが,のち浪人となり専ら数学を教授した。『算法点竄指南録』全15巻を文化7(1810)年に著し,その第百十五題は矩形(長方形)に内接する楕円を取り扱い,定理という形ではないが現代風に表すと(対角線の長さ)2=(楕円の長径)2+(楕円の短径)2を示した。これはヨーロッパでは1704年にフランスのラ・イール(P.de La Hire)の得た結果といわれる。本問は余り知られていないが,素晴らしい結果である。

(道脇義正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「坂部広胖」の解説

さかべ‐ひろなお【坂部広胖】

江戸後期の数学者。通称勇左衛門。字(あざな)は子顕。号は中嶽、澗水。本多利明、安島直円に師事。関流を発展させた。立法商(三乗根)を求める立方盈朒(えいじく)、高次式の求め方などを発見、西洋数学の算法および航海術における三角法の利用などを紹介。著書「開式新法」「算法点竄指南録」「航路安心録」など。宝暦九~文政七年(一七五九‐一八二四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「坂部広胖」の解説

坂部広胖
さかべこうはん
(1759―1824)

江戸中期の数学者。通称は勇左衛門、字(あざな)は子顕(しけん)、号は中嶽(ちゅうがく)または澗水(かんすい)という。初めは戸田子顕と称した。本多利明(としあき)および安島直円(あじまなおのぶ)に数学を学ぶ。幕府の火消与力(よりき)であったが、のちに浪人する。著書は多いが、なかでも『算法点竄指南録(てんざんしなんろく)』(1815)は、点竄の教科書として広く利用された。このうち対数表は、印刷された表としては日本最初である。また楕円(だえん)周、球面三角法、そのほか、当時の数学のほとんどすべてが含まれている。

[下平和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「坂部広胖」の解説

坂部広胖 さかべ-こうはん

1759-1824 江戸時代中期-後期の和算家。
宝暦9年生まれ。江戸の人。本多利明,安島直円(あじま-なおのぶ)にまなぶ。その著「算法点竄(てんざん)指南録」には対数表や楕円(だえん)の周をもとめる方法が,「海路安心録」には航海術の計算法がのべられている。文政7年8月24日死去。66歳。本姓は戸田。字(あざな)は子顕。通称は勇左衛門。号は中岳,澗水。名は「ひろなお」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「坂部広胖」の解説

さかべひろなお【坂部広胖】

1759‐1824(宝暦9‐文政7)
江戸時代の数学者。通称勇左衛門,号は中嶽,澗水あるいは晩成堂という。字は子顕。幕府の火消与力であったが浪人し,子弟に数学を教える。数学を本多利明および安島直円に学ぶ。算木での計算を筆算で行う点竄(てんざん)の優れた教科書として名高い《算法点竄指南録》15巻(1810序)の出版により世間に知られる。本書初歩から高度な内容まで,その当時の数学が詳しく解説されている。その中には,球面三角法,対数表の使い方,楕円周の求め方も示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android