川勝 政太郎(読み)カワカツ マサタロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の美術史学者 大手前女子大学教授;「史迹と美術」主幹。



生年
明治38(1905)年5月22日

没年
昭和53(1978)年12月23日

出生地
京都府京都市上京区(現・中京区)

学歴〔年〕
京都市立第一商業学校〔大正12年〕卒,京都帝大文学部史学科考古学選科〔昭和18年〕卒

学位〔年〕
文学博士(国学院大学)〔昭和33年〕

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和48年〕

経歴
昭和初年頃より天沼俊一に師事し、古建築、石造美術を研究。昭和3年スズカケ出版部を創立し、「古美術史蹟・京都行脚」を刊行。5年史迹美術同攷会を設立、主宰し、雑誌「史迹と美術」を創刊。12〜14年重要美術品認定の関連調査につき文部省嘱託、18年近畿日本鉄道嘱託となり、大和中心の古美術を調査研究。20年京都市文化嘱託、29年京都史蹟会理事、34年大阪工業大学教授に就任。36〜41年文部省文化財専門審議会専門委員を務め、44年大手前女子大学教授となる。研究成果は「史迹と美術」誌を中心に多数発表され、特に石造美術研究の分野で学問的体系を確立した。主著に「石造美術」「京都古寺巡礼」「石仏の大和路」「日本石造美術辞典」「日本石材工芸史」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android