川北紘一(読み)かわきたこういち

知恵蔵mini「川北紘一」の解説

川北紘一

日本の特撮監督。1942年12月5日、東京都生まれ。東宝株式会社に入社し、特技監督(特殊技術監督、特撮監督)である円谷英二らに師事する。72年、テレビドラマ「ウルトラマンA」(TBS)で特撮を初めて手がけた。76年、「大空サムライ」(丸山誠治監督)で初めて映画の特技監督を務める。89年、師の円谷英二が特技監督を務めた映画「ゴジラ」シリーズの17作目となる「ゴジラVSビオランテ」(大森一樹監督)で特技監督となり、95年の「ゴジラVSデストロイア」(大河原孝夫監督)まで計6つのゴジラ作品で特技監督を務めた。91年、日本アカデミー賞特殊技術賞を受賞。92年、アジア太平洋映画祭特殊効果賞を受賞。2003年、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンを設立。03年~06年には「超星神シリーズ」(テレビ東京)の特撮演出を担当するなど、多くの映画・テレビ作品などで特撮を手がけた。14年12月5日、肝不全のため死去。享年72。

(2014-12-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android