コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝不全 かんふぜん liver failure

7件 の用語解説(肝不全の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝不全
かんふぜん
liver failure

進行した肝臓癌にみられる肝細胞機能の不全状態をいう。ウイルス性肝炎のほか細菌感染,中毒,循環障害などによって肝臓の機能が低下した場合にも起きる。肝臓の代謝機能が落ちるために老廃物がふえ,種々の障害が起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐ふぜん【肝不全】

肝臓の機能が極度に低下し、有毒物質の排出・解毒が行われなくなった状態。劇症肝炎肝硬変肝臓癌(がん)などでみられ、意識障害黄疸(おうだん)腹水・出血などの症状が現れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

肝不全【かんふぜん】

機能不全とも。肝臓の機能障害が進行して,肝臓がその機能を果たせなくなった状態で,肝炎,肝硬変,肝腫瘍,胆道疾患など,さまざまな肝臓疾患による肝障害によって起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

かんふぜん【肝不全】

 肝臓(かんぞう)は、消化管から吸収された栄養物の代謝(たいしゃ)、血液中のアルブミン凝固因子(ぎょうこいんし)などのたんぱく質の合成、アンモニア代謝、薬物・異物の代謝・解毒(げどく)・排泄(はいせつ)などさまざまな代謝機能をつかさどる臓器です。
 肝不全とは、なんらかの原因で肝細胞の機能が低下し、肝臓の機能が維持できなくなったために、意識障害肝性脳症(かんせいのうしょう)(「肝性脳症(肝性昏睡)」))、黄疸(おうだん)、腹水(ふくすい)、消化管出血出血傾向、腎不全(じんふぜん)など、さまざまな症状をきたした状態をいいます。
 肝不全は、劇症肝炎(げきしょうかんえん)、薬剤性肝炎など、肝疾患の既往がなくて急激な肝細胞の壊死(えし)がおこり、発症後8週以内に脳症や黄疸、腹水、出血傾向、腎不全などを呈する急性肝不全と、肝硬変(かんこうへん)および肝がんの末期症状として除々に進行してくる慢性肝不全とに分けて考えます。
 欧米では、急性肝不全に対する一般的な治療法として、肝移植(「肝移植」)が定着してきています。
 肝移植の体制が整っていない日本では、急性肝不全のときに、その原因がおさまるまでの急場をしのぐため人工肝補助療法(「人工肝補助療法」)などが使用されてきました。さらに抗ウイルス薬の使用などにより、以前は2~3割であった生存率が6割を超す成績をあげるようになっています。
 肝硬変からの肝不全では、有効な治療はむずかしく、ウイルス性やアルコール性でなければ、欧米では肝移植が行なわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

かんふぜん【肝不全 hepatic failure】

肝臓のビリルビン処理,タンパク質合成,解毒などの代謝機能が,高度に障害された状態。大別して,急性肝不全と慢性肝不全に分けられる。前者は,種々の急性肝炎の重症化により生じる劇症肝炎,亜急性肝炎,妊娠性急性脂肪肝,急性化膿性胆管炎,重症のアルコール性肝炎などでの激しい炎症による肝細胞機能の停止と,広範な壊死が原因である。後者は,進行した肝硬変肝臓癌,肝臓内に長期間持続して胆汁が鬱滞(うつたい)することなどによって生じ,高度の肝臓萎縮と繊維化,およびその結果生じる肝血流障害,腫瘍性変化などが直接の原因となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんふぜん【肝不全】

肝臓の機能が著しく低下した状態。劇症肝炎による急性のものと,肝硬変・肝臓癌などによる慢性のものがある。意識障害を伴う場合は肝性脳症,昏睡こんすいにおちいった場合は肝性昏睡という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝不全
かんふぜん

重篤な肝障害によって極度に肝機能が低下した状態をいう。黄疸(おうだん)、腹水、出血性傾向などのほか、腎(じん)不全を伴うこともある。昏睡(こんすい)に陥った場合は肝性昏睡とよばれ、意識障害など精神神経症状が現れた場合は肝性脳症とよぶ。反応の遅延、錯乱、上肢に羽ばたき振戦(震え)が出現する。また、肝性口臭もみられる。急性肝不全はおもに劇症肝炎によっておこり、慢性肝不全は進行した肝硬変にみられるものが代表的である。[太田康幸・恩地森一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝不全の関連キーワード肝臓肝臓ジストマ消化器黄色ブドウ球菌消化器系肝臓炎肝臓茸下部消化管消化-吸収率肝臓癌 (cancer of the liver; liver cancer.)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝不全の関連情報