コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原茂輔 かわはら もすけ

2件 の用語解説(川原茂輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川原茂輔 かわはら-もすけ

1859-1929 明治-昭和時代前期の政治家。
安政6年9月15日生まれ。明治25年衆議院議員(当選11回)。政友会に所属し,全院委員長などをつとめたが,大正13年政友会の分裂で政友本党の結成に参加。のち政友会に復帰し,昭和4年衆議院議長となった。昭和4年5月19日死去。71歳。肥前松浦郡大河内村(佐賀県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川原茂輔

没年:昭和4.5.19(1929)
生年:安政6.9.15(1859.10.10)
明治大正期の政党政治家。豪農の子として肥前国(佐賀県)西松浦郡に生まれる。草場船山の漢学塾に学び,早くから佐賀県議,同議長,伊万里鉄道や船越鉄道などの会社重役,『佐賀日日新聞』社長として佐賀県政界・実業界で活躍。衆議院では明治25(1892)年の第2回総選挙に当選,35年からは立憲政友会党員として当選,以後同党の中で地位を築き総務となる。大正13(1924)年の政友会分裂に際しては,総裁派に反発して除名され,政友本党に参加し総務となる。しかし,昭和2(1927)年にはすぐに政友会に復帰。この間,議場のリーダーとして活躍し,衆議院予算委員会委員長,4年には議長となる。武人気質で,議場の闘士として知られた。

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川原茂輔の関連キーワード関直彦政党政治大正デモクラシー星亨二大政党政治島田俊雄永江純一前田房之助村野常右衛門川人貞史

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone