コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川喜田愛郎 かわきた よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川喜田愛郎 かわきた-よしお

1909-1996 昭和-平成時代のウイルス学者。
明治42年1月29日生まれ。東大助教授をへて,昭和24年千葉大教授となり,43年学長。日本脳炎の研究などのほか,医学史研究にも力をそそぎ,医の倫理についても問題を提起。「近代医学の史的基盤」で54年学士院賞。平成8年12月6日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。著作はほかに「生物と無生物の間」「病気とは何か」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわきたよしお【川喜田愛郎】

1909~1996) ウイルス学者。東京生まれ。千葉大教授・学長。日本脳炎の研究や感染病理学での業績のほか、「近代医学の史的基盤」を著す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

川喜田愛郎の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門牧野省三岩井俊二長田弘黒沢清小松左京辻邦生セビアン グローバー[各個指定]芸能部門飯島耕一

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone