川島 つゆ(読み)カワシマ ツユ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の俳人,俳句研究家



生年
明治25(1892)年1月10日

没年
昭和47(1972)年7月24日

出生地
埼玉県行田

旧姓(旧名)
沼田

別名
別名=沼田 露石

学歴〔年〕
三輪田高女〔明治42年〕卒

経歴
早くから俳句を学び、昭和36年別府女子大学教授に就任。のち別府大学教授、梅光女学院教授を務めた。俳諧の研究に専念し「一茶の種々相」など、一茶、芭蕉に関する著書が多い。女流の俳文学者として草分け的存在であり、・歌・詩集「〓瑰」、歌集「銀の」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android