コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田 ぬまた

10件 の用語解説(沼田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼田
ぬまた

広島市中部,安佐南区の一地区。旧町名。 1971年広島市に編入。区西部を占め,太田川の支流吉山川流域の戸山と安川流域の伴 (とも) の2地区からなる。野菜栽培,養鶏などの近郊農業が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬ‐た【沼田】

泥ぶかい田。沼地。ぬまた。
「をぐろ崎―のねぬなは踏みしだき日も夕ましに蛙(かはづ)鳴くなり」〈散木集・二〉
《猪(いのしし)は、泥の上に枯れ草を集めて寝るというところから》猪の臥床(ふしど)。また、泥土。泥。
「君恋ふと猪(ゐ)の刈る藻より寝覚めして浴(あ)みける―にやつれてぞをる」〈散木集・八〉

ぬま‐た【沼田】

沼のように泥深い田。

ぬまた【沼田】[地名]

群馬県北東部の市。江戸時代は真田(さなだ)・本多・土岐(とき)氏などの城下町。木材の集散や木工業が盛ん。奥日光尾瀬の玄関口。平成17年(2005)に白沢村・利根村を編入。人口5.1万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬた【沼田】

泥深い田。ぬまた。 「小黒崎-のねぬなは踏みしだき/散木奇歌集」
〔猪いのししは泥の上に枯れ草をしいて寝ることから〕 猪の寝床。また、泥土。 「君恋ふと猪のかるもより寝覚して浴みける-にやつれてぞをる/散木奇歌集」
だらしないこと。しまりがないこと。 「任達は放蕩として-なる貌そ/蒙求抄 4

ぬまた【沼田】

泥の深い田。

ぬまた【沼田】

群馬県中北部、利根川上流域にある市。沼田盆地の中心都市。近世、真田・本多・土岐氏などの城下町。製材・木工業が盛ん。尾瀬への玄関口の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沼田の関連情報