コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎善三郎 かわさき ぜんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎善三郎 かわさき-ぜんざぶろう

1860-1944 明治-昭和時代前期の剣道家。
万延元年4月生まれ。上京して警視庁高輪(たかなわ)署の剣道世話係となり,山岡鉄舟,上田馬之助らに教えをうける。明治39年高知に帰郷,高知師範,高知商業などで後進の指導にあたる。大正12年剣道範士。昭和4年天覧試合の審判員をつとめた。昭和19年5月20日死去。85歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎善三郎の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学万延第二帝政ラトビアウラジカフカス中国白書鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android