川本三郎(読み)かわもと さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本三郎 かわもと-さぶろう

1944- 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和19年7月15日生まれ。「朝日ジャーナル」編集部員をへて,昭和48年フリーとなる。「朝日のようにさわやかに」「都市の感受性」「マイ・バック・ページ」など文学,映画,風俗,若者文化などの分野で活躍。平成3年「大正幻影」でサントリー学芸賞,9年「荷風と東京」で読売文学賞,15年「林芙美子昭和」で桑原武夫学芸賞,毎日出版文化賞。24年「白秋望景」で伊藤整文学賞(評論部門)。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川本三郎の関連情報