川柳(2代)(読み)せんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川柳(2代) せんりゅう

1759-1818 江戸時代後期の川柳作家。
宝暦9年生まれ。初代川柳の長男。文化3年2代川柳を襲名。2代の時代に前句付け様式をすて,付け句(五・七・五)の単独詠十七音様式の川柳が確立した。文政元年10月17日死去。60歳。江戸出身。姓は柄井(からい)。名は幸孝。通称は弥惣右衛門,八右衛門別号若菜

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android