コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルディナンド1世[両シチリア王国] フェルディナンドいっせい[りょうシチリアおうこく]Ferdinando I, re delle Due Sicilie

1件 の用語解説(フェルディナンド1世[両シチリア王国]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルディナンド1世[両シチリア王国]
フェルディナンドいっせい[りょうシチリアおうこく]
Ferdinando I, re delle Due Sicilie

[生]1751.1.2/12. ナポリ
[没]1825.1.4. ナポリ
フェルディナンド4世としてナポリ王 (在位 1759~1806) ,同3世としてシチリア王 (在位 1759~1815) ,両シチリア王国初代の王 (在位 16~25) 。 1759年父がカルロス3世としてスペイン王位についたので幼少ながらナポリとシチリア王となった。成人後オーストリアのマリア・カロリーナと結婚,その影響でフランス革命とその理念に反対し,絶対主義的な政治を行なった。イギリスの H.ネルソンの支援で,フランスの支持するローマ共和国を攻めたが,逆に 98年フランス軍がナポリに侵入,パルテノペア共和国を樹立したので,シチリアへ亡命。 99年一時帰国したが,1806年再びナポレオン軍に追われシチリアへ逃れ,専制を緩和して憲法を与えた。ナポレオン没落後の 16年両シチリア王フェルディナンド1世としてナポリへ帰還。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェルディナンド1世[両シチリア王国]の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone