コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川津毎鎮 かわづ つねしず

1件 の用語解説(川津毎鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川津毎鎮 かわづ-つねしず

1829-1870 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政12年生まれ。代々,筑前(ちくぜん)(福岡県)桜井神社の宮司(ぐうじ)。諸藩の尊攘派とまじわり,慶応元年(1865)幕府にとがめられ,流罪となる。維新後,ゆるされて福岡藩の公用人に任じられた。明治3年3月8日死去。42歳。本姓は浦。通称は靭負。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川津毎鎮の関連キーワード女性参政権製糸業日本科学史鶴屋南北俚言集覧伊藤六郎兵衛仮名垣魯文高橋健三真名井純一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone