コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川津(読み)カワヅ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐づ〔かは‐〕【川津】

川の船着き場。川の渡し場。
「彦星(ひこほし)の川瀬を渡るさ小舟(をふね)のえ行きて泊(は)てむ―し思ほゆ」〈・二〇九一〉
川辺の物洗い場。
「草津川と云ふ―に行きて衣を洗ふ時に」〈今昔・二三・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわづ【川津】

川の渡し場。川の船着き場。 「え行きて泊てむ-し思ほゆ/万葉集 2091
川端の物洗い場。 「妹なろが使ふ-のささら荻/万葉集 3446

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の川津の言及

【津】より

…ただし,地名としては,多く,特定の機能上,地形上の特徴を有する(みなと)・(とまり)・渡しなどに該当しない場合に付される。川の場合は川津と称する。古代律令制社会では,民部省の管掌下,国郡司による国家的管理をうけた。…

※「川津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川津の関連情報