川瀬白秋(読み)かわせ はくしゅう

  • 川瀬白秋 かわせ-はくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1930-2013 昭和後期-平成時代の箏曲(そうきょく)・胡弓(こきゅう)演奏家。
昭和5年4月25日生まれ。母の前田白秋箏曲,胡弓を,川瀬里子に九州地歌を,岩井真吾に声楽,作曲をまなぶ。昭和38年2代白秋を襲名し,生田流白秋会家元となる。平成11年胡弓独奏「の巣ごもり」などで芸術選奨。16年歌舞伎下座における三曲演奏とくに胡弓のすぐれた技術,ならびに「楊貴妃(ようきひ)」「二枚櫛(にまいぐし)」の作曲・演奏で芸術院賞。平成25年7月31日死去。83歳。東京出身。都立駒場高卒。本名(かおる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android