コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川谷尚亭 かわたに しょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川谷尚亭 かわたに-しょうてい

1886-1933 大正-昭和時代前期の書家。
明治19年3月1日生まれ。近藤雪竹(せっちく)に師事し,大正7年上京して日下部鳴鶴(くさかべ-めいかく),比田井(ひだい)天来にまなぶ。13年大阪で甲子(こうし)書道会を設立し,「書之研究」を創刊した。昭和8年1月29日死去。48歳。高知県出身。高知第三中学卒。名は賢三郎。字(あざな)は大道。著作に「書道史大観」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone