コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川路宜麦 かわじ ぎばく

1件 の用語解説(川路宜麦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川路宜麦 かわじ-ぎばく

1757-1828 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦7年生まれ。幕臣。大島蓼太(りょうた)にまなぶ。師から老鶯巣(ろうおうそう)の別号をゆずられたが,雪中庵の名跡を大島完来がついだのを不満とし,師の没後みずから雪門別派と称した。画にもすぐれ,編著に「絵歌仙」正・続がある。文政11年7月20日死去。72歳。通称は弥三郎,平右衛門。別号に睡堂。編著はほかに「浅川早引集」「花くらべ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

川路宜麦の関連キーワード羅城秋山遜木村新七壺半三鍼清水直次樗雲林祐元屋代通賢渡辺子観

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone