コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川路宜麦 かわじ ぎばく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川路宜麦 かわじ-ぎばく

1757-1828 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦7年生まれ。幕臣大島蓼太(りょうた)にまなぶ。師から老鶯巣(ろうおうそう)の別号をゆずられたが,雪中庵の名跡を大島完来がついだのを不満とし,師の没後みずから雪門別派と称した。画にもすぐれ,編著に「絵歌仙」正・続がある。文政11年7月20日死去。72歳。通称は弥三郎,平右衛門。別号に睡堂。編著はほかに「浅川早引集」「花くらべ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川路宜麦の関連キーワード老鶯巣宜麦宜麦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android