巡査長(読み)じゅんさちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅんさ‐ちょう ‥チャウ【巡査長】

〘名〙
① 明治一四年(一八八一)一月太政官達一号で定められた警察官の階級の一つ。それまでの大警部、権大警部、中警部、権中警部をあわせたもので、同一八年警部と改称。
※太政官達第三号‐明治一四年(1881)一月一四日「巡査長の命を」
② 巡査のうち、特に勤務成績が優秀で、実務経験が豊富な者に与えられる職名。昭和四二年(一九六七)制定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の巡査長の言及

【警察官】より

…警察官には,警視総監,警視監,警視長,警視正,警視,警部,警部補,巡査部長,巡査の9階級がある。巡査長は職制であり階級ではない。警視以下の身分は地方公務員,警察庁勤務の警察官および警視正以上は国家公務員である。…

※「巡査長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android