巡爵(読み)じゅんしゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐しゃく【巡爵】

〘名〙 平安時代中期以降、六位の式部丞、民部丞、外記、史、蔵人などのうち、最上席者が毎年五位に叙されること。六位の蔵人の場合は、六年以上勤続した最上席者(極臈(ごくろう))が、毎年五位に叙された。巡。
※職原鈔(1340)下「蔵人所〈略〉至于極臈者、必預巡爵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の巡爵の言及

【蔵人所】より

…六位蔵人も六位でありながら昇殿を許され,五位蔵人とともに禁色をも許され,昇進にも有利であったため,六位層にとっては羨望の的であった。彼らは補任の次第によって順次叙爵してゆくのが例となっており,これを巡爵と称した。叙爵すると殿上を降りなければならなかったが,このような者を〈蔵人大夫〉〈蔵人五位〉等と呼んだ。…

※「巡爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android