コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六位の蔵人 ロクイノクロウド

デジタル大辞泉の解説

ろくい‐の‐くろうど〔ロクヰ‐くらうど〕【六位の人】

位階が六位で特に蔵人に任ぜられた者。毎日交代天皇給仕宮中雑事に奉仕した。六位としては例外的に昇殿を許された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろくいのくろうど【六位の蔵人】

蔵人のうち、六位の者。宮中の御膳の給仕や雑事にあたった。六位では例外的に昇殿を許された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六位の蔵人の関連キーワード下臈の蔵人・下﨟の蔵人・下臘の蔵人麹塵の袍・麴塵の袍極臈・極﨟・極臘楽所(がくそ)鷁退・逆退蔵人の五位藤原仲実甘栗の使吉田兼好上の判官差し次殿上人橘以政判官代式部省高巾子氏蔵人新蔵人源仲正日下﨟

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android