コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣元方 そうげんぽう Ch`ao Yüan-fang

2件 の用語解説(巣元方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巣元方
そうげんぽう
Ch`ao Yüan-fang

中国隋代の医師。大業年間 (605~616) 中に太医博士となり,同6 (610) 年煬帝の勅命により『病源候論』 50巻を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巣元方
そうげんほう

生没年不詳。中国、隋(ずい)・唐代の医家。中国医学の古典『諸病源候論(しょびょうげんこうろん)』(610)の撰者(せんじゃ)とされ、中国医学史上、病因証候学の大家とされる。正史に伝記がなく詳細は不明であるが、唯一の記録は『開河記』(唐の韓(かんあく)の撰)に「開河都護大総管麻叔謀(ましゅくぼう)が風逆を患って起座できなくなったので、隋の煬帝(ようだい)が太医令巣元方に往診させた」とある。『諸病源候論』50巻は67門に分け、症候1700余条をあげ、病源・病状について書いているが、処置・薬方は載せていない。[山本徳子]
『岡西為人著『中国医書本草考』(1974・南大阪印刷センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巣元方の言及

【諸病源候論】より

…通常《病源候論》と呼ばれる。隋の巣元方の撰とされているが,撰者の伝は明らかでなく,成立の正確な時期もわからない。内科だけでなく各科の疾患の病因と症候を記述している。…

※「巣元方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巣元方の関連キーワード大乗義章大乗玄論北堂書鈔大仰・大形・大業大業物大業二次医療圏別の医師数経国大業宗盛員房山雲居寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone