巣元方(読み)そうげんぽう(英語表記)Ch`ao Yüan-fang

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巣元方
そうげんほう

生没年不詳。中国、隋(ずい)・唐代の医家。中国医学の古典『諸病源候論(しょびょうげんこうろん)』(610)の撰者(せんじゃ)とされ、中国医学史上、病因証候学の大家とされる。正史に伝記がなく詳細は不明であるが、唯一の記録は『開河記』(唐の韓(かんあく)の撰)に「開河都護大総管麻叔謀(ましゅくぼう)が風逆を患って起座できなくなったので、隋の煬帝(ようだい)が太医令巣元方に往診させた」とある。『諸病源候論』50巻は67門に分け、症候1700余条をあげ、病源・病状について書いているが、処置・薬方は載せていない。[山本徳子]
『岡西為人著『中国医書本草考』(1974・南大阪印刷センター)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の巣元方の言及

【諸病源候論】より

…通常《病源候論》と呼ばれる。隋の巣元方の撰とされているが,撰者の伝は明らかでなく,成立の正確な時期もわからない。内科だけでなく各科の疾患の病因と症候を記述している。…

※「巣元方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android