コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓偓 かんあく

3件 の用語解説(韓偓の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かんあく【韓偓】

844~923) 中国、晩唐の詩人。字あざなは致尭ちぎよう。京兆の人。詩集「香奩集こうれんしゆう」。 → 香奩体こうれんたい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんあく【韓偓 Hán Wò】

844‐923
中国,晩唐の詩人。字は致尭(一説に致光)。京兆(陝西省西安)の人。竜紀1年(889)の進士。翰林学士・中書舎人から,兵部侍郎にまでなったが,時の権力者朱全忠に憎まれて左遷され,南方に漂泊し,終生都に帰らなかった。官能的な艶美の詩を得意とし,《香奩(こうれん)集》3巻はそうした艶体の詩のみを収め,後世〈香奩体〉の名を生むほどに愛好された。艶詩以外の作品を収録する《玉山樵人集》1巻もある。【荒井 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かんあく
(844―923)

中国、晩唐の詩人。字(あざな)は致堯(ちぎょう)。長安(陝西(せんせい)省西安)の出身。889年(竜紀1)進士に及第。翰林(かんりん)学士、兵部侍郎となり、昭宗に協力して宦官(かんがん)の排除に力を尽くした。その詩集『香奩集(こうれんしゅう)』1巻により、香奩体(香奩は女性の化粧箱)とよばれる甚だエロティックな詩風で知られる。別に『韓翰林集(かんかんりんしゅう)』1巻があり、こちらは翰林学士を振り出しに出世コースを歩んだ官吏としての彼の表向きの面貌(めんぼう)を示す。二つの詩集は同じ作者の手になったとは思いがたいほどの隔たりを示している。かつ、1人の詩人には一つの詩集が通例の唐代において、異例の現象でもある。卑官で終わった詩人が恋愛に自己を埋没させることで唐王朝の崩壊に対処しえたのと異なり、高位に昇った韓の場合には、体制の解体が進行するのと軌を一にして自身を両極に分解していく必要があったためであろう。[野口一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韓偓の言及

【唐詩】より

…李詩の愛好者は中国では明以後に多く,近代にますます多くなるのだが,日本ではさらに遅れ,明治になって初めて研究と紹介がなされる。同じ艶体の詩でも李より後輩の韓偓(かんあく)の《香奩(こうれん)集》のほうが江戸の末に相当な数の読者を有していた。 唐詩の選集について言えば,日本で最も広く読まれたのは宋の周弼(しゆうひつ)の《三体詩》と明の李攀竜(りはんりゆう)の《唐詩選》で,中・晩唐の詩は前者により,初唐と盛唐の詩は後者によって知られた(前者の翻刻の初版は1654年で,後者は少し遅れる)。…

※「韓偓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韓偓の関連キーワード韋荘王勃温庭筠魚玄機許渾高適司空図鮑照中唐晩唐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone