コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工事収益 こうじしゅうえきconstruction contract revenue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工事収益
こうじしゅうえき
construction contract revenue

一会計期間をこえる長期の請負工事から生れる収益をいう。この収益が企業会計上問題となるのは,それをどの時点で認識,測定すべきかについて意見が分れるためである。その一つは工事の完成,引渡しの時点でこの収益を認識,測定するというものであり,他の一つは工事の進行程度に応じてこの収益を認識,測定するというものである。前者を工事完成基準,後者を工事進行基準という。日本の企業会計原則は,これら2つの基準の選択的適用を認めている。特に後者の場合に特徴的なことは,通常の製品販売においては製品の引渡しを収益計上の重要なポイントとしているのに対し,工事の完成,引渡しが行われる以前に収益の計上を可能としている点にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

工事収益の関連キーワード工事契約会計

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android