コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工風嘉六 くふう かろく

1件 の用語解説(工風嘉六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工風嘉六 くふう-かろく

?-? 江戸時代後期の発明家。
出羽(でわ)能代(のしろ)(秋田県)の人。西陣織物に足踏み機械をとりいれ,加賀(石川県)城内公園(金沢城の外庭か)に噴井をもうけるなどして財をなす。のち「キリシタン」の風評がたち,微罪で金沢藩により投獄され,獄死したという。たばこをきる「嘉六機械」にその名がのこった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone