コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工風嘉六 くふう かろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工風嘉六 くふう-かろく

?-? 江戸時代後期の発明家。
出羽(でわ)能代(のしろ)(秋田県)の人。西陣織物に足踏み機械をとりいれ,加賀(石川県)城内公園(金沢城の外庭か)に噴井をもうけるなどして財をなす。のち「キリシタン」の風評がたち,微罪金沢藩により投獄され,獄死したという。たばこをきる「嘉六機械」にその名がのこった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

工風嘉六の関連キーワード出羽

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android