コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴井(ふきい)

4件 の用語解説(噴井(ふきい)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

噴井(ふきい)

三重県、石川酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふきい【噴井】

三重の日本酒。酒名は、俳人・山口誓子が蔵元の自噴水を詠んだ「手を入れて井の噴き上ぐるものに触る」の句に由来。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成1、15、16、18年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は鈴鹿山系の伏流水。蔵元の「石川酒造」は天保元年(1830)創業。所在地四日市市桜町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふけい【噴井】

水の絶えず勢いよく噴き出している井戸。ふきい。ふきいど。 [季] 夏。 《 月浴びて玉崩れをる-かな /虚子 》

ふんせい【噴井】

噴水。 「 -の水悲しく響くオデオン座の裏手より/ふらんす物語 荷風

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone