コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左行秀 さの ゆきひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左行秀 さの-ゆきひで

1813-1887 江戸後期-明治時代の刀工。
文化10年11月25日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)の左文字派の流れをくむ。安政3年土佐高知藩にかかえられ,刀鍛冶(かじ)および鉄砲鍛冶をつとめた。のち江戸深川の藩邸詰めとなり,明治初年から東虎と称した。明治20年3月5日死去。75歳。筑前出身。姓は豊永。通称は久兵衛,のち久左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

左行秀の関連キーワード豊永久左衛門明治時代行秀刀工

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android