コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢卓軒 こせたくけん

2件 の用語解説(巨勢卓軒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨勢卓軒
こせたくけん

[生]? 京都
[没]元禄14(1701)
江戸時代中期の陽明学派の儒学者。初め僧侶となったが,のち儒学者となり,熊沢蕃山に学び,仏教を排し,神道を鼓吹した。著書『蕃山先生実録』『本朝儒家伝』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢卓軒 こせ-たくけん

?-1701 江戸時代前期の儒者。
京都大工頭中井正純の子。僧から儒者となり,熊沢蕃山(ばんざん)にまなぶ。崇神排仏をとなえた。元禄(げんろく)14年7月23日死去。京都出身。名は正徳。字(あざな)は子映。通称は彦仙(げんせん)。別号に直幹。著作に「蕃山実録」「日本歴史略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

巨勢卓軒の関連キーワード安芸恒実飯田東渓飯室小櫃伊藤万年(1)小川俊政菅仲徹周哲中村信斎本内意慎茂呂鼇岳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone