コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢卓軒 こせたくけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨勢卓軒
こせたくけん

[生]? 京都
[没]元禄14(1701)
江戸時代中期の陽明学派の儒学者。初め僧侶となったが,のち儒学者となり,熊沢蕃山に学び,仏教を排し,神道を鼓吹した。著書『蕃山先生実録』『本朝儒家伝』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢卓軒 こせ-たくけん

?-1701 江戸時代前期の儒者。
京都大工頭中井正純の子。僧から儒者となり,熊沢蕃山(ばんざん)にまなぶ。崇神排仏をとなえた。元禄(げんろく)14年7月23日死去。京都出身。名は正徳。字(あざな)は子映。通称は彦仙(げんせん)。別号直幹。著作に「蕃山実録」「日本歴史略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巨勢卓軒の関連キーワード巨勢彦仙

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android