コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢広貴 こせのひろたか

世界大百科事典 第2版の解説

こせのひろたか【巨勢広貴】

平安中期,一条天皇の代(986‐1011)を代表する巨勢派宮廷画家生没年不詳。弘高とも記される。藤原道長の黄金時代にあたり,日本の絵画における古典的様式を確立した人物と考えられる。作品はのこらないが,999年(長保1)に道長の長女彰子入内の調度である歌絵冊子を,また1010年(寛弘7)同じく次女妍子入東宮料として屛風を描く(《栄華物語》)。また道隆邸の楽府屛風(《大鏡》),行成が供養した世尊寺の障子絵(1001)を制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の巨勢広貴の言及

【巨勢派】より

…《源氏物語》の〈絵合〉では,《竹取物語絵巻》を彼が描き紀貫之が詞を書いたとされている。その子と思われる巨勢公忠(きんただ),公望(公茂)(きんもち)の兄弟は村上朝の宮廷で活躍し,〈公忠より先はかきたる絵生きたるもののごとし,公茂以下今の躰には成たるとなん〉(《古今著聞集》)とあるように,新旧の様式交替が行われ,さらに公望の孫にあたる巨勢広貴(ひろたか)は,藤原道長の全盛期,すなわち10世紀末から11世紀初めを代表する画家で,日本の絵画の古典的様式を完成したものと考えられている。12世紀半ばには信茂(のぶもち)と宗茂(むねもち)が宮廷絵所の主要な絵師として活躍している。…

※「巨勢広貴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巨勢広貴の関連キーワード地獄図

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android