コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢広貴 こせのひろたか

1件 の用語解説(巨勢広貴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こせのひろたか【巨勢広貴】

平安中期,一条天皇の代(986‐1011)を代表する巨勢派の宮廷画家。生没年不詳。弘高とも記される。藤原道長黄金時代にあたり,日本の絵画における古典的様式を確立した人物と考えられる。作品はのこらないが,999年(長保1)に道長の長女彰子入内の調度である歌絵冊子を,また1010年(寛弘7)同じく次女妍子入東宮料として屛風を描く(《栄華物語》)。また道隆邸の楽府屛風(《大鏡》),行成が供養した世尊寺の障子絵(1001)を制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の巨勢広貴の言及

【巨勢派】より

…《源氏物語》の〈絵合〉では,《竹取物語絵巻》を彼が描き紀貫之が詞を書いたとされている。その子と思われる巨勢公忠(きんただ),公望(公茂)(きんもち)の兄弟は村上朝の宮廷で活躍し,〈公忠より先はかきたる絵生きたるもののごとし,公茂以下今の躰には成たるとなん〉(《古今著聞集》)とあるように,新旧の様式交替が行われ,さらに公望の孫にあたる巨勢広貴(ひろたか)は,藤原道長の全盛期,すなわち10世紀末から11世紀初めを代表する画家で,日本の絵画の古典的様式を完成したものと考えられている。12世紀半ばには信茂(のぶもち)と宗茂(むねもち)が宮廷絵所の主要な絵師として活躍している。…

※「巨勢広貴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨勢広貴の関連キーワード永延永祚寛弘寛仁寛和正暦長徳長保長和藤原基子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone