コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢徳太 こせの とこだ

2件 の用語解説(巨勢徳太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢徳太 こせの-とこだ

593-658 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古天皇元年生まれ。皇極天皇2年(643)蘇我入鹿(そがの-いるか)の命で山背大兄(やましろのおおえの)王を襲撃。4年入鹿が中大兄皇子に殺害されたとき,蘇我蝦夷(えみし)をおしたてて抗戦しようとした蘇我側の軍勢を説得し,しりぞかせた。大化(たいか)5年(649)左大臣。斉明(さいめい)天皇4年1月13日死去。66歳。名は徳陀古とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢徳太

没年:斉明4.1.13(658.2.20)
生年:生年不詳
7世紀の官人。名族巨勢氏の出身で,極官は改新後の難波新政府の左大臣。名を徳陀,徳太古とも書く。皇極1(642)年,舒明天皇の葬儀に際して,大派皇子(皇族中の代表的存在)に代わって誄したとあるのが初見。翌年蘇我入鹿の命により,斑鳩宮の山背大兄王を襲い,一族を自害させた。一方また,同4年の乙巳の変クーデタ事件(大化改新)では中大兄側の武将として功をたてている。新政府にあって,高麗,新羅の貢調使に天皇の詔を伝える役割を果たすなど,国の外向きの顔として重きをなし,大化5(649)年には阿倍内麻呂についで新政府2人目の左大臣となり,以後10年同職を務めた。『公卿補任』によれば,没年齢は66歳とあるが,一方大化5年左大臣就任時の年齢を50歳とし,合わない。<参考文献>門脇禎二『「大化改新」史論』

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨勢徳太の関連キーワード何執中追立の官人極官巨勢名族巨勢有家巨勢子邑治巨勢惟久巨勢宗深巨勢光康

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone