コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨大染色体 きょだいせんしょくたい

大辞林 第三版の解説

きょだいせんしょくたい【巨大染色体】

ショウジョウバエなどハエ目の幼虫の唾液腺細胞・マルピーギ管・神経細胞や、精母細胞などに存在する巨大な染色体。染色体地図の作成や遺伝情報の発現の研究に利用される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨大染色体
きょだいせんしょくたい
giant chromosome

細胞の核内分裂を繰り返すことによってとくに大きく発達した染色体。染色体が核分裂をしないで、休止期の状態で核内分裂を繰り返し、それが分離しないで横に連なるため、長さ約100~300マイクロメートル、直径約15~25マイクロメートルの長大な染色体となる。個々の染色体はファイバー状になり、染色粒(クロモメアー)が同一場所に横軸に連なって存在するので、その部分ではバンド状となって現れる。これらバンドの模様の個々の染色体が識別できるとともに、これは染色体地図の作成に役だつ。遺伝子の発現と関係してバンドの部分に特別な構造が現れるが、これをパフまたはバルビアニー環などとよぶ。ショウジョウバエの唾液腺(だえきせん)染色体(または唾腺染色体)は巨大染色体の代表的な例である。[吉田俊秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の巨大染色体の言及

【染色体】より

…この型の染色体は遺伝的に不活性であり,その数がとくに多くならないかぎり個体の形質に大きな影響を与えることはない。(4)巨大染色体giant chromosome ふつうの体細胞分裂や成熟分裂には見られない大きい染色体が特殊な細胞で見られることがある。その代表的なものは双翅(そうし)目の昆虫の唾腺細胞に見られる唾腺染色体である。…

※「巨大染色体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巨大染色体の関連キーワードエミール ハイツマルピーギ管唾腺染色体ベールマンハイツ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android