コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唾液腺染色体 ダエキセンセンショクタイ

デジタル大辞泉の解説

だえきせん‐せんしょくたい【唾液腺染色体】

ハエ・カなどの双翅(そうし)類の唾液腺細胞の静止核にみられる巨大な染色体。普通の染色体の100~150倍もあり、全長にわたって横縞がある。遺伝学的研究の材料とされる。唾腺染色体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だえきせんせんしょくたい【唾液腺染色体】

ハエ目に特徴的な唾液腺細胞の核にみられる巨大化した染色体。核分裂せず DNA 合成のみ繰り返された結果、多糸性染色体となったもの。全長にわたって顕著な横縞が見られ、染色体地図の作成などの細胞遺伝学的研究に利用される。唾腺染色体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唾液腺染色体
だえきせんせんしょくたい
salivary gland chromosome

双翅(そうし)類昆虫の幼虫期における唾液腺の細胞核中にみられる巨大な染色体をいう。唾腺染色体、巨大染色体ともいう。一般に双翅類昆虫の唾液腺細胞は通常の細胞分裂をせずに核内分裂のみ行って巨大化する。すなわち、この細胞は休止核の状態で染色体が核内分裂を繰り返し、長大な染色体となる。個々の染色体はファイバー状になり、染色粒(クロモメアー)が同一場所に横に連なって存在するので、その部分がバンド模様に現れる。ショウジョウバエを用いた遺伝の交配実験から唾液腺染色体のバンド模様と遺伝子の関係が明らかにされ、唾液腺染色体地図が作成されている。核の中では相同染色体が2本ずつ対(つい)になってくっついているので唾液腺染色体は体細胞の染色体数の半分しかみられない。たとえば、キイロショウジョウバエでは4本(2n=8)、メスアカケバエは5本(2n=10)、カは3本(2n=6)などである。[吉田俊秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唾液腺染色体の言及

【唾腺染色体】より

…唾液腺染色体ともいう。双翅(そうし)目の昆虫(幼虫)の唾腺細胞の中間期の核にみられる巨大染色体。…

※「唾液腺染色体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唾液腺染色体の関連キーワードカルビン・ブラックマン ブリッジズ発生遺伝学染色体地図巨大染色体多糸性パフ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android