得失(読み)とくしつ

精選版 日本国語大辞典「得失」の解説

とく‐しつ【得失】

〘名〙
① 得ることと失うこと。とくしち。〔新令字解(1868)〕
② 利と不利。得喪利害損得。とくしち。「利害得失
※霊異記(810‐824)下「吉凶の得失は、諸の外典に載せたり」
※評判記・色道大鏡(1678)一四「をのれ正しくして家の得失をかんがみ」 〔史記‐韓非伝〕
③ 成功と失敗。
※徒然草(1331頃)九二「毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ」
④ すぐれている点と、よくない点。とくしち。長所と短所。
※米沢本沙石集(1283)三「銅をもて鏡としては衣冠をただし、人をもて鏡としては得失(トクシツ)を知り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「得失」の解説

とく‐しつ【得失】

得ることと失うこと。損得。「得失相半ばする」「利害得失
成功と失敗。
「毎度ただ―なく、この一矢に定むべし」〈徒然・九二〉
[類語]利害損得損益

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「得失」の解説

【得失】とくしつ

成敗優劣。利害。善悪陶潜〔従弟敬遠を祭る文〕於鑠(ああ)、我が弟、操り、(がい)り。~思ひ少なく欲寡(すく)なく、執(着)靡(な)く(かい)(片意地)靡し。~心に得失を(わす)れ、、世に依らず。

字通「得」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android