コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)当てる サシアテル

デジタル大辞泉の解説

さし‐あ・てる【差(し)当てる】

[動タ下一][文]さしあ・つ[タ下二]
直接に物に接触させる。じかに押し当てる。「額に手を―・てる」
その事に当たらせる。
「宿直(とのゐ)に―・てなどしつつ」〈・浮舟〉
ねらいをつける。
「持経者の腹に―・てて射るに」〈今昔・一七・四〇〉
あるものと、ひき比べる。
「隣の事を身に―・て」〈咄・露がはなし・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone