差掛・射掛(読み)さしかかる

精選版 日本国語大辞典の解説

さし‐かか・る【差掛・射掛】

〘自ラ五(四)〙
[一] (「さし」は接頭語)
① 上からおおいかぶさる。上からかぶさるようにもたれかかる。
※日葡辞書(1603‐04)「キノエダ ミヅニ saxicacaru(サシカカル)
② その場に行きかかる。その場に臨む。
※平家(13C前)八「木曾にちがはむと丹波路にさしかかて、播磨国へ下る」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「三条大橋うち渡りて、祇園林にさしかかり」
③ まぎわになる。切迫する。さしせまる。
※虎寛本狂言・止動方角(室町末‐近世初)「けふはさしかかった事じゃ程に、先借って来い」
[二] (「さし」は、光がさすの意) 光が上から来て物体に当たる。
※大鏡(12C前)三「にし日もさしかかりて、あつくたへがたしとはおろかなり」
[三] (「さし」は、満ちてくるの意) 潮が満ちてくる。水量が増えてくる。
※俳諧・深川(1693)「乗掛の挑灯しめす朝下風〈嵐蘭〉 汐さしかかる星川の橋〈芭蕉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android