コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己智帯成 こちの おびなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

己智帯成 こちの-おびなり

?-? 奈良時代の仏師,絵師。
造東大寺司造仏所に所属し,天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)から翌年にかけ近江(おうみ)(滋賀県)石山寺の本尊である観音像と神王像(ともに塑像)を制作。志斐公麻呂(しひの-きみまろ)らを指揮したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

己智帯成

生年:生没年不詳
奈良時代仏工,画工。天平宝字年間(757~765)ごろに活躍した。『正倉院文書』によれば,天平勝宝6(754)年には石山院造仏所の仏工であった。造東大寺司造仏所に属し,天平宝字5年から6年にかけて,石山寺の本尊である塑造の丈六観音像および同じく塑造の6尺神王像2体の造立に携わり,志斐公麻呂と息長常人とを指導して,塑像の制作並びに彩色を行ったことがわかる。己智氏は秦氏と同族の渡来系氏族である。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

己智帯成の関連キーワード仏師

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android