コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己智帯成 こちの おびなり

2件 の用語解説(己智帯成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

己智帯成 こちの-おびなり

?-? 奈良時代の仏師,絵師。
造東大寺司造仏所に所属し,天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)から翌年にかけ近江(おうみ)(滋賀県)石山寺の本尊である観音像と神王像(ともに塑像)を制作。志斐公麻呂(しひの-きみまろ)らを指揮したという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

己智帯成

生年:生没年不詳
奈良時代の仏工,画工。天平宝字年間(757~765)ごろに活躍した。『正倉院文書』によれば,天平勝宝6(754)年には石山院造仏所の仏工であった。造東大寺司造仏所に属し,天平宝字5年から6年にかけて,石山寺の本尊である塑造の丈六観音像および同じく塑造の6尺神王像2体の造立に携わり,志斐公麻呂と息長常人とを指導して,塑像の制作並びに彩色を行ったことがわかる。己智氏は秦氏と同族の渡来系氏族である。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone