コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴草 トモエソウ

デジタル大辞泉の解説

ともえ‐そう〔ともヱサウ〕【×巴草】

オトギリソウ科の多年草山地に生え、高さ60~90センチ。葉は細長く、対生する。夏から秋、黄色い5枚の花びらが巴状に並ぶ花を開き、1日で閉じる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ともえそう【巴草】

オトギリソウ科の多年草。山中の草地に自生。茎は高さ約80センチメートルで四稜があり、披針形の葉を対生。夏、茎頂に径約5センチメートルの黄色の五弁花を開き、花弁は左右不同で巴形につく。イタチハジカミ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

巴草 (トモエソウ)

学名:Hypericum ascyron
植物。オトギリソウ科の多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

巴草の関連キーワード披針形草地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android